ポケモンのモデル・モチーフと名前の由来を動物メインで考えてみたジョウト編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1
レスポンシブ

はい、第2世代です。1世代よりは数が少ないからちょっと楽かな。
カントー編はこちら
根拠は名前、見た目、図鑑説明などによる。
やってるうちに生物的雑談をいろいろ付けてしまってます。

152-154 チコリータ、ベイリーフ、メガニウム

チコリーという植物がある。
ベイリーフはローリエのこと。ローリエはゲッケイジュを乾燥させたもの
御三家最弱と名高いメガニウムはゼラニウムかな?○○ニウムっていう植物は多そうだがゼラニウムの花はメガニウムの首についてるやつに似ているからたぶんこれ。
(というか園芸業界でありがちだがゼラニウムは単一の種の名前ではない。ややこしいから放置)
チコリーもゲッケイジュもゼラニウムもハーブ。
本体のほうは爬虫類っぽい。ブラキオサウルスとかアパトサウルスみたいな。

155-157 ヒノアラシ、マグマラシ、バクフーン

ヤマアラシ、火、マグマ、爆風
ヤマアラシと言われても、ヒノアラシはあんまりネズミっぽくない。
あの鼻の長さはどっちかというとハリモグラ。
でもぶんるいは「ひねずみポケモン」だ。
余談:火を出してないときの背中がとても可愛い
マグマラシはどう見てもイタチです。本当にありがとうございました
マグマラシの尻はポケモンの中でもトップクラスだと思う。
バクフーンは…なんだこいつは…下半身が…
とりあえずイタチということにしておきます(苦しい)

158-160 ワニノコ、アリゲイツ、オーダイル

ワニ、アリゲーター、クロコダイル
あんまり書くことがないからワニの概要を自分の昔のレポートからもってきてみた。手抜き。
現生のワニ正顎亜目は、中南米と中国に分布するアリゲーター科、アフリカ南部・インド・東南アジア・中米に分布するクロコダイル科、インドの一部に分布する体長インドガビアル科の3科に分かれる。(図1)アリゲーター科は頭骨を上から見ると口先がU字型になっていて、6mにもなるアメリカンアリゲーターを除けば体長は2~3mである。クロコダイル科は、頭骨の形は三角形であったり鼻先が細長くなっていたりする。またこの科を特徴づける形態として、下顎の前から4番目の歯が大きく、上顎にこれを収納するためのへこみがあることが挙げられる。体長は小さい種で2m、大きい種で6mである。インドガビアル科は1属1種で、体長は大きいもので7mほどになる。長い鼻と細く等間隔に並ぶ歯が特徴である。
おわり。参考文献略(おい)
まあ、全員直立している時点でワニではない何者かなんだが。たぶん首が折れてる。

161-162 オタチ、オオタチ

俺の嫁えー、オオタチはフェレットっぽいが、オタチはわからん。あの丸さがすべてを謎にしている。可愛いあとなんか手が長い。マリル的ないきものなんだ…
尻尾だけで全体重を支えて立つ動物は知らない。カンガルーはキックするときだけだし。
オオタチも地味にあんなに尻尾が長い動物は知らない。可愛い一見普通っぽいけど実のところ進化前も進化後も謎のポケモンだ
尻尾がしましまなのと、直立するイメージはレッサーパンダやアライグマから来てるのかもしれん。
本日の謎生物その1。

163-164 ホーホー、ヨルノズク

ふくろうの鳴き声、夜+ミミズク
出た、丸いポケモン。まあ鳥だからきっと膨らんでいるんだろう。一年中寒くて凍えてるか病気に違いない。
フクロウは目が両方正面を向いているからそれを補うように首がよく回るがホーホーが真後ろ向くと怖いと思う。
ヨルノズクは趾以外お手本みたいなフクロウか。
フクロウの趾は前2本、後ろ2本になっている。
追記:ごめんなさい可変対趾足(かへんたいしそく)というものがありました。フクロウはこれで、第4趾を前方にも後方にもできるらしい。

165-166 レディバ、レディアン

アメリカ英語でテントウムシをLadybug。レディアンは何だろう、radiantは違うだろうし。
レディバは、胸と腹が同化している。ように見える。芋虫とか腹部にも足があるしもしかしたら幼虫なのかも。
まあ現実のテントウムシの幼虫はホタルの幼虫みたいな普通にキモい見た目だからもしそうならそもそもテントウムシじゃなくなるな。
というかレディアンも胸と腹の区別がないのでこんな考察をしても無駄である。
レディアンは頭が大きくなった以外は、基本レディバと同じ。
D110、S85以外の種族値がのきなみ60未満という驚異の不遇…
追記:図鑑見たら、レディアンは夜空の星にむかって飛んで行く夜行性とあった。テントウムシが全員昼行性か?と言うとちょっと自信ない。分からない。あと、輝く粉を振りまきながら飛ぶ(!?)とあるから名前の由来はradiantであってるのかもしれない。

167-168 イトマル、アリアドス

糸、アリアドネ。マルは分からん。丸いから?○○マルなんてクモがいたりするのかな?
6本足ですね。それと、足が頭胸部からでなく腹から出ている。
アリアドスの足が一対上に向いているデザインはおもしろいと思う。
で、口から糸を吐けるという話だが、クモ目でそれができるのはヤマシログモ科だけだ。
ついでに普通のクモは糸をぴゅーっと飛ばすなんて芸当できない。足で引きずり出す。飛ばせるのはナガイボグモ科ぐらい。
あと、図鑑には巣を作るという趣旨のものと決まった巣はないという趣旨のものがあってどっちだよ!って感じなのだが、
実際のクモでも巣を作る造網性と作らない徘徊性(タランチュラ)があるからこれを意識しているんだろう。ちなみに多さは半々。
とりあえず図鑑はいい加減杉。

169 クロバット

batと、クロは何なんだろう。通常色も色違いも別に黒くない。
アクロバットか?前歯+レッドカード+アクロバットっていう型はおもしろいよね。
まあ、相変わらずコウモリとは似ても似つかない見た目である。手足が3対になってるし。
コウモリに見えないならなんなんだ、というと、何にも見えない。手足が不思議すぎて
追記:図鑑には後ろ足も羽になったとある。じゃああの足っぽいやつは…?
追追記:#1.尾が2本のトカゲこんなページをみつけました。尻尾が2本とかありえない、と思っていたけど可能性はありそうですね。
まあ尻尾(背骨)じゃなくて軟骨でもいいのだが

170-171 チョンチー、ランターン

提灯、ランタン
チョンチーはぱっとみでは何にも見えない。まず、背骨はあるのか?
図鑑にはあんこうポケモンとある。え、アンコウだったの!?
言われてみればランターンはちょっと体がぐにゃぐにゃだがちゃんとアンコウに見える。
しっぽは謎だけどトゲウオみたいなのもいることだしこのくらいどうにかなるはずだ!
アンコウの幼魚をググってみた(すごくおもしろい形なのでみんなも見てみて欲しい)が、チョンチーとは別物だった。なんで魚ってあんなに変貌激しいんだろうね。

172 ピチュー

ご機嫌斜めのピチュー!名前はピカチュウから一字抜いたんだろう。
またねずみに見えない。ピカチュウよりはマシだが。
ポケモンの世界で薬を作るときはピチューを実験マウスにするんだろうか。ワイルドタイプピチュー、ノックアウトピチュー。
あと電気袋だが、哺乳類は発電できるのか?
発電といえば有名なのはデンキウナギとかデンキナマズとかシビレエイとか(こっちでちょっと触れた)
思いつくが、両生類、爬虫類(鳥含む)、哺乳類でいるかと言うと…
そりゃどんな生物も微弱な電気は起こしているけど、だから100万ボルト出せるかというと。
たぶん今はいないと思うが机上論としても無理なのかな?
魚の発電について詳しく知らないので予想できません。今後の課題だ

173 ピィ

名前はピッピから1文字とって小文字いれて子供っぽくしたんだろう
見た目だが…進化後も謎。こいつも謎。
図鑑に流れ星に乗ってやってくるって書いてあるから宇宙人なんじゃないかな!(適当)
本日の謎生物その2。

174 ププリン

名前はプリンのプを重ねただけ
見た目は進化後もこいつもry
明らかにモチーフないよこいつ!ないよ!絶対ない!
本日の謎生物その3!

175-176 トゲピー、トゲチック

名前は棘、ちくちく、鳥の鳴き声?
モチーフは進化後含めて考えると鳥っぽい。
が、トゲチックの足は…こんな足をもっている鳥はいないし…第一、手足が3対!!
トゲピーはもっと難問。なんか丸いし、殻ついてる…
そういえばたまごの殻を食べて栄養にする動物はけっこういるけど、そのまま着る動物はいないなあ。
いや当たり前か。アベコベガエルみたいな変なの以外は、普通大きくなっていくしな。
とにかく、トゲチックはかなり無理をすれば鳥ですと言えないことも絶対なくはないけど、
トゲピーは謎。
本日の謎生物その4。謎生物多くて心が折れそう。

177-178 ネイティ、ネイティオ

トゥートゥー
名前はネイティブとインディオ。だと思う。インディアンうそつかない
デザインもそういう土着の民族っぽいの意識してるんだろう。
そういう方面の学がないので何の文明がモチーフかちょっとわからない…アステカ?エジプト壁画?
図鑑には南米とか書いてある。
せいぶつ的には、ネイティすごく丸いですね。
そしてネイティを頭にして新しく胴体をつけたのがネイティオみたいになっていてまじめに考えるとこわい。
この直立ぐあいはフクロウっぽいがたぶんフクロウのつもりはないと思う。
鳥ってああいう風に肩を前に回せるんだろうか

179-181 メリープ、モココ、デンリュウ

俺の嫁
メリーさんの羊、sheep、もこもこ、電流、竜
電気タイプの羊って、アンドロイドは電気羊の夢を見るか?ですね。
メリープとモココは(一応)羊なのに、いきなりどうしたデンリュウ
あと尻尾の先についてるのは電球だと図鑑にあるがどうやって作った
カルシウムじゃないだろうし…材質は何なんでしょう
しかし、モココはあんまり偶蹄類に見えない。だんだん偶蹄類から恐竜っぽくなっていってる
デンリュウはカンガルー体型の爬虫類って感じですね。
メガシンカすると急に毛が出現するのは…大人の事情です。メガシンカまで手を広げると収拾つかないので大人の事情です。です!

182 キレイハナ

名前は綺麗な花
ラフレシアと同じく生殖器官を頭の上に乗っけている。
カントー編で考えた以上の突っ込みどころはあまりない。
クサイハナから体長、体重共に小さくなっているくらいか。
アベコベガエルだ。

183 マリル、マリルリ

丸い?
地味に名前の由来が不明。
マリルといえば尻尾にあぶらがつまっていて浮袋になっているという設定はわりと有名だと思うが、
この「あぶら」がどっちなのかは謎。パールとYの図鑑では油、プラチナとBW12の図鑑では脂になっている。
マリルは(たぶん)動物なのだから脂な気はするが…ラクダのこぶのように尻尾に脂肪をためてるんだろう。
参考までに現生シーラカンスのラティメリアは脂肪で満たされた浮袋を持っている。そりゃマリルの尻尾と魚の浮袋は違うだろうけど。

185 ウソッキー

嘘つき、木
モデルはデフォルメした松っぽい。
体が岩の生物といえば、SFでよくある珪素生物を思い出す。

186 ニョロトノ

にょろにょろ(おたまじゃくしが泳ぐ様子)+殿
あっあめふらしだ…ゲフンゲフン
カエル!って感じですね。安心します。
頭についているのは何だろう。こういうのがついてるカエルは見たことないです。ツノガエルが少し近いかな
邪魔そうだけどディスプレイに使うのかな?図鑑見たらそんな感じのことが書いてありますね。

187-189 ハネッコ、ポポッコ、ワタッコ

タンポポ

190 エイパム

191-192 ヒマナッツ、キマワリ

193 ヤンヤンマ

194-195 ウパー、ヌオー

196-197 エーフィ、ブラッキー

198 ヤミカラス

199 ヤドキング

200 ムウマ

201 アンノーン

202 ソーナンス

203 キリンリキ

204-205 クヌギダマ、フォレトス
206 ノコッチ
207 グライガー
208 ハガネール
209-210 ブルー、グランブル
211 ハリーセン
212 ハッサム
213 ツボツボ
214 ヘラクロス
215 ニューラ
216-217 ヒメグマ、リングマ
218-219 マグマッグ、マグカルゴ
220-221 ウリムー、イノムー
222 サニーゴ
223-224 テッポウオ、オクタン
225 デリバード
226 マンタイン
227 エアームド
228-229 デルビル、ヘルガー
230 キングドラ
231-232 ゴマゾウ、ドンファン
233 ポリゴン2
234 オドシシ
235 ドーブル
236-237 バルキー、カポエラー
238 ムチュール
239 エレキッド
240 ブビィ
241 ミルタンク
242 ハピナス
243 ライコウ
244 エンテイ
245 スイクン
246-248 ヨーギラス、サナギラス、バンギラス
249 ルギア
250 ホウオウ
251 セレビィ

レクタングル中x2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です